サラリーマンだからこそ、節税しよう!

節約のイロハ

「税金って、納めなきゃいけない義務だけど、意外と多くとられている」
と思ったことありませんか?
サラリーマンだから税金を節約することができないと思っていませんか?
実はそんなことはなくて、サラリーマンだからこそできる節税があるのです。
今回は、サラリーマンだからこそできる節税について紹介していきたいと思います。
これを読んで賢く節約して、好きなことに使えるお金を更に増やしていきましょう。

結婚して、子供ができて、家族が増えるにつれて、医療費やら、教育費やら、エンゲル係数やら、お金の負担はどんどん大きくなっていきますよね。
しかし、実はそのような負担が増えれば増えるほど税金を軽くするために利用できる制度が増えていくのです。
しかし、どんなに利用できる制度の数が増えたとしても、その制度自体を知らなければ利用することができないため、全く負担を減らすことはできないのです。
税金の節約ができ、少し余裕がある生活ができるサラリーマンと、何も知らずただ言われた通りに税金を払っているサラリーマンの違いは、ただ知っているか、知らないか、知る気があるのか、ないのかだけでしょう。
知る気があって、少しでも減らしたいあなたは、ぜひこの記事を読んでください。
あくまでも今回の記事は税金節約の超基本の入門編ですので、探せば更に出てくる可能性は大いにあります。
この記事を土台に自分なりの節税の方法を固めていっていただきたいなと思います。

サラリーマンはつらいぜ

サラリーマンが税金を節約するにはどのようにすればいいのでしょうか? まずは、サラリーマンだからこそできる節税の方法や、節税の仕方を知ることから始めましょう。 そして、節税と脱税は別物なのですが、その違いを説明できますか? これを機にその違いを説明できるようになりましょう。

様々な控除について

次に控除についての説明をしていきたいと思います。 控除という字を見てもなんのこっちゃ分からないし、意味でさえ想像つきませんよね。 控えて、除く、という字から何かを減らすことなのですが、一体何をどうすることなのでしょうか? 先に進めて理解を深めていきましょう!

経費の計上について

最後は経費の計上についての説明と、サラリーマンが経費を計上する場合はどのようなものが計上できるのかについて細かく紹介していきます。 経費の計上とは、つまるところ経費で落とすことを指します。 意外なものが経費で落ちるので知っておいて損はないですよ!