サラリーマンだからこそ、節税しよう!

様々な控除について

控除とは

国民の義務として様々な税金が課されていますが、収入全額にかかるものではありません。
控除とは個人の事情に応じて負担を軽くすることで公平性を保とうとするための制度です。

確定申告を自分で行うと、年末調整の仕組みもわかり、控除も受けられます。
確定申告の際に必要となるものが、申告書、青色申告決算書、各種控除を受けるための証明書、必要経費の領収書、源泉徴収票の5つです。
各種控除を受けるための証明書について、医療費控除を例に見ていきましょう。
医療費控除を受けるには、医療費が年間10万を超えた場合に受けることができるのですが、それを証明する必要があります。
そのために、医療費の明細書や交通費の明細書が必要になるのです。

注意すべきこと

控除のポイントとしては、金額が大きいものの控除を利用することです。
そうすることで、課税所得を大幅に減らすことができるのです。

まず、サラリーマンであれば、誰でも必ず受けられる給与所得控除があります。
給与所得控除は自動的に受けているので特に気にする必要はありません。
給与所得控除を受けることで、課税対象の額を減らすことができます。

民間の保険に入っていれば、生命保険控除が受けられます。
これは所得控除のうちの一つで、支払った生命保険料に応じて控除が受けられ、所得税や住民税が軽くなります。
最大で、所得税は12万円分、住民税は7万円分軽くなります。
生命保険料控除書を添えて年末調整か確定申告をすることで控除を受けられます。